「TOYOTA」スポーツカーシリーズ『GR』を投入、ラインアップも充実に!


モータースポーツで培ったノウハウを市販車へ
走る楽しさを味わえる7車種を公開

9月19日(火)、トヨタ自動車は、スポーツカーシリーズとして、新たに『GR』を投入すると発表した。
これまで、スポーツカーの楽しさを提供するスポーツコンバージョン車シリーズ「G Sports(通称G’s=ジーズ)」を展開してきたが、今後は『GR』シリーズに一新して車両ラインアップしていくことになる。また、パーツ等の新アイテムを充実させるとともに、走ることを通じてクルマを楽しむ文化を育てる取り組みを強化していくようだ。TOYOTA GR トヨタ

『GR』は、「もっといいクルマづくり」を目指す”GAZOO Racing Company”が、ニュルブルクリンク24時間耐久レースや、全日本ラリーなどのモータースポーツ活動を通じてクルマと人を鍛え、そこで得たノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズ。エンジン内部にもチューニングを施した「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」を設定する。

TOYOTA GR トヨタ
プリウスPHV GR SPORT

まず、「GR」シリーズの第一弾として、ヴィッツに「GR」と「GR SPORT」を、プリウスPHV、ハリアー、マークX、ヴォクシー、ノアに「GR SPORT」を設定。
全国のトヨタ販売店を通じて、9月19日より発売を開始した。

TOYOTA GR トヨタ

【GRシリーズの主要装備】

<デザイン>
・モータースポーツでの「戦闘力」を最大限に引き出すための機能をダイレクトに表現

<エクステリア>
・走るための機能をストイックに追求した水平/垂直の「Functional MATRIX」グリル(ヴィッツ、プリウスPHV、アクア)
・ホワイト塗装+GRロゴ入りのブレーキキャリパー(ヴィッツ“GR SPORT”を除く)
・専用エンブレム(全車 : 前後、サイド)

<インテリア>
・専用スポーティシート(GRロゴ入り)
・ドアトリム、フロントシート等にスポーティさを演出した専用加飾やシルバーステッチ
・GR専用スタートスイッチ(HVはパワースイッチ)

TOYOTA GR トヨタ TOYOTA GR トヨタ

 

また、「GR」シリーズの投入に合わせて、スポーツカーやモータースポーツを軸に、クルマの楽しさを広めることを狙いとしたTOYOTA GAZOO Racingの地域拠点「GR Garage(ジー・アール・ガレージ、以下GRガレージ)」を順次、立ち上げる。
「GRコンサルタント」と呼ばれる専任スタッフを配置。地域のクルマファンが楽しめる活動を実施するなどの基準を満たした販売店と共に、本年度内に39店舗オープンさせる計画だ。
さらに、カスタマイズを楽しむためのアフターパーツ「GR PARTS」も新設定。走りの機能を追求でき、将来的には機能系アイテムも導入する計画だという。TOYOTA GR トヨタ

今後の車両展開としては、ヴィッツに「GRMN」、86に「GR」、アクアとプリウスαに「GR SPORT」を追加。
ヴィッツGRMNは2018年春ごろ、86“GR”、アクア“GR SPORT”、プリウスα“GR SPORT”は今冬に発売する予定だ。TOYOTA GR トヨタ

TOYOTA『GR』シリーズ

ヴィッツ GR SPORT“GR” 車両情報はこちら
ヴィッツ GR SPORT 車両情報はこちら
プリウスPHV S“ナビパッケージ・GR SPORT”/S“GR SPORT” 車両情報はこちら
ハリアー ELEGANCE“GR SPORT” 車両情報はこちら
マークX 350RDS“GR SPORT”/250S“GR SPORT” 車両情報はこちら
ヴォクシー ZS“GR SPORT” 車両情報はこちら
ノア Si“GR SPORT” 車両情報はこちら