9月21日からの「秋の全国交通安全運動」では4つを重点項目に実施


飲酒、高齢者、自転車、シートベルト…
9月30日は「交通事故死ゼロ」を目指す

平成29年9月21日(木)〜30日(日)の期間中、「秋の全国交通安全運動」が実施される。
その目的は「広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付ける。また、道路交通環境の改善に向けた取り組みを推進することで、交通事故防止の徹底を図ることを目的とする」となっている。
さて、今回の「秋の全国交通安全運動」。主に4つの運動重点を掲げているが、その内容は下記の通り。

 

1.子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止秋の全国交通安全運動 2017

いまだに絶えない幼児と高齢者の交通事故。
通学路などにおける児童の安全確保のほか、歩行者への交通安全教育等の実施など、高齢者も含めた交通事故防止の活動が行なわれる。他にも自動ブレーキ及びペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載したセーフティ・サポートカーSの普及啓発も。さらに、昨今問題となっている「運転免許証の自主返納制度」の促進も行なう。

2.夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止秋の全国交通安全運動 2017

事故の原因は自動車だけの問題ではなく、自転車や歩行者のマナーも問われる。
そこで、交差点での信号遵守と一時停止や反射材用品等の着用促進といった自転車乗用中の交通事故防止を促進。同時に、二人乗りや飲酒運転の禁止の徹底、スマホの使用など危険性の周知徹底も行なわれる。

3.全座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底秋の全国交通安全運動 2017

いまさら常識ながら、後部座席を含めた全ての座席におけるシートベルトとチャイルドシートの着用義務を徹底する。チャイルドシートに乗車させる、シートベルト着用など、お子様のいる読者は特に意識しておきたい。
また、高速乗合バスや貸切バスなどの事業者に対しても、全座席におけるシートベルト着用を徹底させるための指導・広報啓発も強化するという。

4.飲酒運転の根絶秋の全国交通安全運動 2017

決してやってはいけない飲酒運転。しかし、昨年の秋の全国交通安全運動期間中では、飲酒運転による人身事故は57件も発生し、1人が死亡している。
今年は、交通事故被害者の声を反映した広報啓発活動等を通じ、飲酒運転を絶対に許さない環境づくりの促進。飲食店などにおける運転者への酒類提供禁止の徹底、ハンドルキーパー運動の促進。また、自動車運送事業者による点呼時におけるアルコール検知器の使用、飲酒運転の根絶に向けた取り組みが行なわれる。

なお、「秋の全国交通安全運動」では、9月30日(日)を「交通事故死ゼロを目指す日」に制定。
今年の「春の全国交通安全運動」では人身事故が12,232件発生し、4月10日に定めた「交通死亡事故ゼロを目指す日」では13人の尊い命が亡くなった。これは期間中で最も多い数値だという。

 

期間中のみならず、常日頃から安全運転に心がけて欲しいと切に願う。