メルセデスGクラスなのに装備なし「パワーウインドウがオートで上がらない」を解決する


Gクラス最大の謎。パワーウインドウがワンタッチで上がらない⁉︎ その解決策が登場

Gクラスに乗って初めて気がつく最大の謎。それがパワーウインドウ。ウインドウを下げる時はスイッチを少し長押しすると下がるのだが、上げる時は……「えっ‼︎ オートであがらない?」。
そんなGクラスの不思議機能を解決するアイテムが登場した。

 

【スイッチのダブルクリックでGクラスの窓が自動で上がる待望のウインドウ制御が可能になる!】

メルセデスベンツGクラス、パワーウインドモジュールパワーウインド、

Gクラス38年の歴史ゆえなのか、とにかく不思議なことがある。窓を開ける時ウインドウスイッチを少し長押しすると、もちろん自動で下がる。
でも上げる時は閉まるまでずっとノブを上げ続けなければならない。慣れてしまえば、それがGクラスの伝統と味わいということになるのかもしれない。
高速道路はETCで料金所をそのまま通過できるのだが、意外に窓を開け締めする機会が多いのが発券機のある駐車場などだ。駐車券を受け取るために一度は開けなければならない。
とどのつまり、スイッチを引き上げ続けなければ窓は閉まらない事態というのは少々面倒。
その不便さを解消するアイテムが登場した。メルセデスのアイテムを専門に開発するイディオムのアイディアパーツ「パワーウインドウモジュール463」だ。
各ウインドウに取り付けると、スイッチのダブルクリックで窓が自動で最後まで上がるのだ。
メルセデスでは当たり前のことがだが、Gクラスに限っては画期的と言える。

メルセデスベンツGクラス、パワーウインドモジュール

パワーウインドウモジュールを装着すると、クーペモデルのようにドアを開け閉めすると、少し窓が下がるエアパージ機能が付く。
閉まりにくいGクラスのドア開閉時にエアが適度に抜け、締めやすくなる。Gクラス乗りなら、こんなパーツ待ち望んでいたはずだ。

メルセデスベンツGクラス、パワーウインドモジュール

パワーウインドウモジュール463(1個/2個セット) ¥14,500+税/¥28,000+税

問エイトコード TEL072-363-1678