発売決定!! R35 GT-R用ヘッドライトには「ヴァレンティ」流儀の最新モードが宿る


後期ルックのテイストを確保しつつ
“フルLED化+α”で目元を引き締め

交換用バルブから内装部品、そしてテールからヘッドランプに至るまで多彩なLEDパーツの開発、販売を行なう「ヴァレンティ・ジャパン」。
日産GT-R(R35)用としては、純正後期テールのイメージを損なわず、存在感あるデザインと鮮烈な輝きを放つ『R35用ジュエルLEDテールランプ(REVOシリーズ)』が記憶に新しいところだ。あれから2年、そのLEDテールランプのコンセプトを盛り込んだ”R35用ヘッドランプ”が、ついにリリース開始となる。

「『ジュエルヘッドランプ for GT-R』は、テールランプ同様にR35後期型のテイストを踏襲しています。その上でいかに”ヴァレンティらしさ”を盛り込むかに苦労しました。そこで、純正品で唯一電球を使っていたウインカー部に着目。スペース部分を2段構成とし、LEDを上下で6発埋め込みました。一見は純正のようでありながら、ウインカー点灯時は独自の配光により力強い表情と個性を演出してくれます」とは、広報部の西脇氏。R35GT-R ヘッドライト ヴァレンティ LEDさらに、オールLED化による切れのよい点灯/消灯と高輝度チップ採用による高貴な輝きは、目の肥えたGT-Rオーナーも満足できる仕上がりに。純正を流用加工したかのように見えるボディも完全オリジナル設計とし、インナーにはブラッククローム処理を施すなど、ランプ類の存在感も際立たせている。
さらに、LEDヘッドランプのバルブは、熱対策に有効的なヒートシンクを搭載。純正同等の明るさを長時間確保する高い耐久性にくわえ、信頼性も磨きをかけた。
「Eマーク(欧州規準認証)を取得し、保安基準にも適合させました。純正ヘッドライトの半額に近い価格設定としたので、前・中期のR35で後期ルック+αを身近に楽しんでいただけると思います」。

 

【煌めく個性はランプ内部に宿る】

R35GT-R ヘッドライト ヴァレンティ LEDGT–Rは保守的なオーナーが多いため、あえて純正のイメージを損なわないようにデザイン。
稲妻型のポジションランプの色味は純正よりもホワイトを強く、ウインカーはLED化したことでフルLEDヘッドライトに。輝きだけでなく、点灯/消灯が素早く視認性向上=安全性にも貢献する。
装着は完全ボルトオン。純正機能がまったく損なわないのもうれしい限りだ。

一見は純正風だが、内部はブラッククローム処理を施し、灯火類の一つ一つが引き立つように工夫。消灯時でもオリジナリティ溢れることがわかる。
現在、予約受け付け中で納品は今年12月以降となる見込みだ。R35GT-R ヘッドライト ヴァレンティ LED

 

先立って発売された『ヴァレンティ ジュエルLEDテールランプ「REVO」』。業界初となるR35GT-R用LEDテールランプは、フルLEDにより圧倒的な明るさを実現するとともに、こちらも後期テイストを宿らせた仕様に。
純正品よりもリーズナブルな価格設定となり、個性の異なる全3カラーを展開中。R35GT-R ヘッドライト ヴァレンティ LED*写真のヘッドライトは開発中のものであり、実際の商品とは異なります

発売からまもなく10年を迎え、前期型の中古車相場が400万円を切る車両も増えてきたR35。
新たに購入するオーナーや年数が経過し、愛車の鮮度を高めたい人にとって『ジュエルヘッドランプ for GT-R』は魅力的に映るに違いない。

 

JEWEL HEAD LAMP GT-R for R35 ¥270,000(税別)
□適合:R35GT-R(前期・後期 全グレード)

ヴァレンティジャパン TEL058-322-6700
http://valentijapan.com/