【ドイツ・チューナーレポート】現地試乗でハーマンモータースポーツの名門魂を感じる (1/2ページ)


伝統を継承しつつ変革を続ける名門チューナー
『HAMANN Motorsport』

ドイツチューナー界きっての名門であり、世界中に熱狂的なファンの多い「ハーマン」。
BMWを軸にしつつ、多角的なプログラムをラインアップしながら、新たなる挑戦を行なっている、アグレッシブな彼らを直撃した。

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

独自のデザイン感覚と確かな物作りがリンクする

レーシングドライバーであった「リチャード・ハーマン」が興し、BMWを中心に刺激的なエアロボディとチューニングプログラムを提供してきた『ハーマン・モータースポーツ』。
ヨーロッパはもちろんのこと、世界中にファンが広がった。そして日本でも多くのユーザーが支持している。牽引者であったリチャードの死後、会社の行方はどうなるのかと危ぶまれたが、妻であるマリオンとスタッフたちの団結によって、確実な商品を世に送り出し続け、新たな層へのアプローチも実を結んでいる。
数年前に新たな社長を外部から招き入れているが、表には出ず経営面に徹しているという。チューナービジネスはさまざまな規制や世相、情勢によって大きなうねりに飲み込まれつつあるが、ハーマンは堅調のようだ。
例えば、創業以来チューニングのメインとしてきたBMWに対するプログラムはM2やM4といったスポーツモデルを中心に意欲的なメニューを展開しているし、このところ勢力を伸ばしてきているSUVカテゴリーも積極的に開発を進める。車種の取捨選択はあるが、ハーマンは複数のメーカーをチューニングの対象として、成功している数少ないチューナーといえるだろう。
単一もしくは同一グループのメーカーのみを手掛ける専門チューナーとは違い、ターゲットは幅広い。それでも現行車種に対するラインアップを揃えられるのだから、彼らの開発力には脱帽するばかりだ。

【HAMANN Motorsport BMW M2&M4】

Mモデルのメイクこそハーマンチューニングの真骨頂

F87M2とF82M4。この2台は、間違いなく今のBMWチューニングシーンにおけるメインキャストであろう。先に発表されたM4は、GTSやCSといった限定バージョンがM社からリリースされている。
例えば、シリンダー内の温度を抑制して出力と燃費の向上を行う「ウォーターインジェクションシステム」はGTSのトピックとなる技術だが、それが届けられるのは全世界でわずか700人という限られたオーナーのみ。ハーマンでは手に入れられなかった人に向けて、同等の冷却システムをテストしているという。
「購入希望者が殺到したGTSですが、購入できない人が非常に多かった。そこで我々はあのシステムを独自に開発してみようということになったのです」とは、セールスマネージャーのシュヴァルツ氏。
「シリンダー内に水を噴射するノズルのみGTSと同じものを使いましたが、それ以外の部分はすべて自分たちで作りました」。
ターボで過給する現行BMWはさらなるパワーを求めると冷却が難しくなる。ウォーターインジェクションは冷却に非常に効果的だが、後付けできるとなればチューニングの可能性はかなり広がることになるだろう。
エアロやホイール、インテリアパーツといったオプティカルなイメージが先行する「ハーマン」だが、こんなハード系チューニングも準備されている。
BMW、それもMモデルに対するフォーカス度は高い。彼らの軸足はやはりBMWとともにあるのだ。

BMW M2 Tuned by HAMANN Motorsport

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

最新作となるM2は、シアンブルーをキーカラーに据えた若々しい仕上がり。足元は『アニヴァーサリーEVO』のフロント8.5×20、リア10.0×20を装着。
ローダウンスプリングもしくはサスキットが用意されており、プラグインの「パワーアドバンスメントモジュール」もラインアップ。パワーは50hpアップの420hp、トルクは65Nmアップの530Nmを発揮する。

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

トータルバランスに優れたチューニングを施す「ハーマンモータースポーツ」。BMW M2のポテンシャルをさらに高めるチューニングは、オーナーにとってとても魅力的なメニューといえるだろう。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

ペダルセットはもちろんのこと、フロアマットやフットレストまで揃うのは、総合チューナーならでは。ホイールに合わせて”HAMANN”のロゴはシアンブルーにデザインした。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

純正エンブレムが収まる位置にカーボン製のウイングレットが装着されている。ワンポイントで目を惹き付けるパーツ。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

リアスポイラーはトランクの切れ目で一度段差をつけ、前方に伸びていくようにデザイン。ハーマンらしい美麗なディテールだ。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

ボトムはディフューザーが用意されているが、造形の異なる4タイプ用意。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

エキゾーストはセラミックコーティングが施されたマットブラックの4本出し。カーボンやクロームフィニッシュもラインアップ。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

細かいパーツに対してもこだわりを見せる「ハーマンモータースポーツ」。ボルトにも”ハーマン”のロゴをいれることでそのパフォーマンスの高さを感じさせる、オーナーに纏う喜びを与えているのだ。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

アグレッシブな造形のフロントバンパーとリップ。M2の熱い走りを彷彿とさせるデザインだ。巧みなデザインのアンダーフラップ形状のリップは、BMW M2をスポーティに演出する。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

薄めのサイドスカートにウイングレットが追加されている。ここもハーマンらしい演出が採用された。

BMW M4 Tuned by HAMANN Motorsport

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

パワーとトルクはそれぞれ99hp/100Nmアップとなる530hp/660Nmまで引き上げられたM4。
スタンダードなM4だけでなく、GTSやCS、コンペティションにも対応したチューニングプログラムも用意されている。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

トランクの床下に新設されたウォーターインジェクションシステム。シリンダー内に噴射するノズル以外はハードもソフトも自社設計。

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

中央にスリットが入った大ぶりなリアウイング。金属製のステーや翼端板など走りのイメージがかき立てられる。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

ホイールはM2同様に『アニヴァーサリーEVO』を装着。大きくラウンドした逆反りデザインのスポークは、ジェントルなイメージとスポーティなイメージが融合。鍛造モデルも用意される。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

ボトムラインを一直線に繋ぐリップがスポーティなフロントセクション。
M2に比べるとおとなしめのデザインだが、純正バンパーのボトムに合わせた細かいデザインワークは、ハーマンだからの成せる技だ。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

サイドエンブレムはM2同様にカーボン製 。細かい部分にカーボンパーツを採用するハーマンらしく、常にアグレッシブなチューニングを行なう同社のイメージを表した。「HAMANN」のロゴが輝かしい。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

『AWRON』製のインジケーターを装備。スタートアップでは”HAMANN”のロゴが浮かぶ仕掛けに。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

バーティカルフィンを強くデザインしたリアアンダー。エキゾーストはカーボンテール仕様で、フィンとの相性もいい。

 

ハーマンモータースポーツ、ドイツチューナー、BMWM2、BMWX4M、イヴォーグ

捻りの加わったサイドスカート。前後の大径ホイールをスポーティに繋ぐ。
サイドからリアへの流れるラインを形成した。

【↓次ページに続く↓】