【アルトワークス・デモカー第五弾】昔のワルとスタンス系を融合した革新のスタイリング


アルトに履いたワイドリムも相乗効果!
重厚さが魅力のスポーツ系ボディキット

2017年東京オートサロンにて、アルトワークスを幕張に持ち込んだのが兵庫県の「ラインナップ(LINE UP)」。スズキ・36系 アルトファンならば、この勇姿がシッカリ刻まれていることだろう。
同店は、全国的にも知られる有名チューナー松山氏が代表を務めるチューニングショップ。大排気量マシンから軽自動車までジャンルを問わず手がけ、かつては、旧規格ダイハツ・ミラで暴力的に速いゼロヨン(ドラッグ)マシンをつくった経緯もある。
「軽カーも、もう一度やりたいと思っていたんです。そこに36系アルトが登場したことで放ってはおけなくなりました。めちゃくちゃ速いNAマシンをつくってみたいとか、みんなが驚いてくれるようなアイデアはありますが、まずはエアロから始めることにしました」。
とは松山代表。昨年からプロジェクトを進行させ、東京オートサロンで新作エアロを披露したというわけだ。LINE UP、アルト、ボディメイク、Kスタイルデザインコンセプトは、昔ながらのワルっぽいテイストといま流行りのスタンス的な要素のミックス。そして195サイズのタイヤ。デモカーにはマツダ・ロードスター用サイズとなるTE37(15×7.0J)と195/50-15というコンパクトカー向けタイヤを装着。
そして、この足まわりに負けないぐらいの存在感。それこそが、エアロパーツの狙いだ。LINE UP、アルト、ボディメイク、Kスタイル

 

 

ノーズ部分を囲うシンプルなカタチをしたフロントグリルだが、意外にもイメージを大きく変える重要な要素。メッシュのネットを張ってもオモシロイ。

かなりのボリューム感で段やエッジを効かせてデザインされたフロントリップ。最近のシンプル路線からあえて外した思い切りの良いフォルムをつくる。LINE UP、アルト、ボディメイク、Kスタイル
ターボグレードは標準装備の純正サイドステップの上から装着するサイド。NAやバンのサイドステップのない車両にも、取り付けられるようになっている。LINE UP、アルト、ボディメイク、Kスタイル

FRP製とカーボン製が選べるオリジナルのボンネット。ヘッドライトに繋がる部分が盛り上がっていて、セダンのようなボリュームあるフェイスになる。

LINE UP、アルト、ボディメイク、Kスタイル

 

大きく跳ね上がるデザインを採用したリアスポイラー。バックショットの面積が増えて、クルマがひとまわり大きくなったように見える視覚的効果も発揮する。
純正バンパー下部に追加装着するリアアンダーにも注目。アドオンでディフューザーラインを形成し、センターには多機能のLEDマーカー(リフレクター)を装備した。

ホイールはレイズのTE37ソニック。デモカーには15×7.0J INSET25というロードスター用サイズだが、『LINE UP』で限定販売されるのは6.5J INSET20となる。

LINE UP、アルト、ボディメイク、Kスタイル

 

SPEC for ANSWER ALTO WORKS
フロントリップスポイラー    ¥41,040
サイドステップ           ¥51,840
リアアンダー          ¥42,660
ボンネット(FRP/カーボン)    ¥95,040/¥111,240
フロントグリル         ¥28,080
アイライン           ¥10,584
リアスポイラー         ¥41,040

 

ラインナップ  TEL079-265-5400
http://www.lineup-gt.com